才能――。
 誰もがこの言葉に憧れ、そして嫉妬する。持つ者は特別視され、持たざる者とは区別される。それはどこに行っても共通する概念である。
才能の極みが集まる世界とも言える、プロサッカー界。幼い頃から周りとの生存競争を制し、トップレベルまで上り詰めた選手たち。彼らは確かに、他の者にはない力を持っていたからこそ、そのピッチに立ち続けているのである。
 『才能、それは特別なもの』。我々の頭の中には、刷り込まれたかのようにこの言葉がこびりついている。

「自分に才能があるとも、天才的だとも思ったことは、子供の頃から一度もなかった」
 ここに、堂々とこう語る男がいる。
 小林祐希。
十代を東京ヴェルディで過ごし、プロ入り後はジュビロ磐田への移籍を経て、現在オランダのヘーレンフェーンで活躍するMF。今では来年に迫ったロシアW杯に出場する日本代表にも名を連ねる。
日の丸を背負って戦い、さらにサッカーの本場・ヨーロッパで挑戦の日々を送る。プロサッカー選手の中でも、紛れもなく成功レベルの高い存在。その立場だけを見れば、誰もが才能の塊だと想像するに違いない。
しかし、小林はそんな見立てに対して、首を縦には振らなかった。
「いつの時代も、小学生の頃から『自分は周りよりもサッカーがうまいな』と感じている子どもたちはたくさんいると思う。そこから中学生に上がってJリーグのクラブチームのJrユースに所属できたり、高校でユースや強豪校に行けたり。そんな道が理想的だと思われている。
 でも、僕は新しい集団や組織に入るその節目、節目でいつも感じてきたことがあった。
『自分はもしかしたら、一番下の実力かもしれない』と」
 ボール扱いがうまい選手。若い頃から戦術理解に長けている選手。自分よりも優れている要素を持つ人間はたくさんいた。サッカーにおいて、目に見える部分での才能は劣っていたのかもしれない。少年時代の小林が、素直に自分自身を見つめた感想だった。

|没頭、無我夢中、そして愚直さ。小林を支えた強み
小林は、ふと思い出すかのように話を続けた。
「でも、一つだけ、僕は誰にも負けないものがあった。それは、何かに没頭すること。無我夢中。それ以外、もう何もしたくない。僕にとって、それはサッカーでした。だから夢はサッカー選手、日本代表しか考えられなかった。僕はサッカーに没頭するだけで幸せだったし、それは今も何も変わらない考えです」
 彼は、サッカーのためなら自分を表現することを怖がらなかった。子供の頃から、真っ直ぐに取り組む姿勢だけは負けなかった。だからこそ、意見があれば監督やコーチ、周りに話し、主張してきた。
 そんな人格形成がされていく中で、小林はある人への思いを忘れない。
「僕は親には本当感謝しています。何より嘘のない生き方を、サッカーを通して教えてくれた。うちの親は、僕が試合に出られない時に監督に文句を言ったことはなかったし、プレーについても『何でシュートを打たなかったのか?』とか言ったことは一度もなかった。でも、例えば僕が朝練をサボったり、リフティングゲームで回数をごまかしたりした時には『何、嘘ついているんだ!』と、ものすごく怒られた。
 決して縛られることはなかった。でも、ちゃんと見守られていたんだと感じることができた。だからこそ、僕は窮屈になることなく、自分を表現できる人間になることができたんだと思う」
 繰り返しになるが、小林は「自分よりうまい選手はたくさん見てきた」という。それでもプロになり日本代表になるという夢を、現実の目標にすることができ、そして現在達成している。
 それは、「人としての力を備えることができたから」と、小林は言い切った。

[次のページ]自己表現の大切さ。それを幼少期から意識していく