幼少時代から自立(自律)心を養い、磨いていく。この事がいかに大切であるかは、今や多くの方々が理解している。
 一方、サッカーの世界において、よく我々日本人は「自主性や個性が足りない」と言われることがある。チームスポーツは選手間の協力あってこそ成り立つが、勝負の側面では選手一人一人の個の強さがなければ、相手に競り勝てない。
 これまで、欧州や南米など、たくさんの外国籍監督を取材してきた。彼らの多くは、日本人のサッカー選手に対する評価がある程度一致していた。 ある監督はこう語っていた。
「日本は、指導者としてはある意味欧州や南米よりもやりやすい環境がある。なぜならば、組織で戦うところが優れているため、戦術を浸透させやすい」
 ただ、同時に足りない部分もより鋭く指摘した。
「日本人の選手は、状況判断の力が著しく低い。言い換えれば、自分でプレーを作っていくことができない。サッカーは、監督が指示した通りの戦術で1試合を通して戦い続けることはまずできない。そうなった場合に、自分たちで試合を動かせる能力が足りない。それはおそらく、教育が関わっていると思う。日本は皆がキレイに、整然と生活する。そのレベルは本当に高い。ただ、そこから外れた行動を取る勇気が足りない。サッカーに関しては、これが足かせになることもある」

 この問題点を、率直に小林祐希にぶつけてみた。すると、こんな意見が返ってきた。 「確かに、日本人にとっては耳の痛い話だし、難しい問題だと思います。僕が覚えている範囲では、小学校や中学校の教育ではすでに正解が設定されていて、その通りにできたら褒められたり認められたりした。でもこれはイメージなのかもしれないけど、ヨーロッパや海外では他人と違う答えや意見を表現しても、称賛される場合もある。むしろ、元々正解のないものを追求していって、その先を見つけ出した人が拍手されます。その時点で、自立(自律)に向けた差があるなと感じます」
 よく、算数の授業での数式計算などでは、日本と欧米では違いがあると言われる。日本は足し算や引き算などの答えをそのまま求める教育であるのに対して、海外では答えがあらかじめ明示される中、何通りもある足し引きの組み合わせを数字で記していく。また空欄が虫食い穴のように散りばめられ、柔軟な解答を導き出していく。それにより一つの正解だけを求めるのではなく、いくつもの方法や手段を思考する能力が養われるという。
 小林が語ったのは、人と違う行動や選択をすることに含まれる可能性を示唆している。それは前述のある外国籍指揮官の「日本人は整然としているが、外れた行動を取る勇気が足りない」という言葉と、意味合いが重なる。

|ある同級生が人生で証明する、スペシャリストの価値
 すると、小林が自分の人間関係を紐解き、面白い話を口にした。
「実は、僕と同い年で一番やんちゃだった友達が、今起業して大成功しているんですよ。自分の力でゼロから会社を立ち上げて、今は台湾とインドネシアにも家がある。そこでアジアを中心にIT関係のビジネスを展開しています。
 そいつは、毎日ケンカしていた本当に悪かった奴でした(笑)。でも、昔から海外が好きで、中学生時代は三年連続でスペインに一人で留学しに行っていたんです。もちろんそこには親の援助もあったと思うけど、その頃から自分の思いで行動して、勝手にスペイン語も覚えてくる。高校時代も変わらずやんちゃだったけど学校には来て、でもその後に今度はハワイの大学に行きました。3年か4年で辞めて帰ってきたんですけど、今度は英語だけじゃなく中国語も講義を受けて、しっかりマスターしてました。
 彼はよく言っていました。「俺はたいして勉強していない。ただ興味があるからそれにのめり込んだ。学校にはしたいことがなくなったから帰ってきた」と。言い方は悪いかもしれないですけど、そんな奴が今やすごいビジネスマンになっている。学校の勉強が悪いなんて言わない。でもそれだけしかやっていない人とは、絶対に違う世界を見てきたんだなと感じるんです」
 異端に生きる。何も人の常道から外れることを善しとする意味ではなく、ただやはり誰かに頼り、何かに流されるだけでなく、自分自身で判断、選択できる“強さ”を身につけられるか。これが個性の促進、すなわち自立(自律)したサッカー選手になれるか否かにも、当然関わってくる観点である。  確かに日本の教育はジェネラリストを多く輩出する傾向にあるだろう。ただ、チームでのポジション競争、さらには敵との勝敗が命運を分けるサッカーの世界。誰より、スペシャリストが強さを発揮する場である。
 ここで小林が、さらに話を膨らますように続けた。
「もちろんサッカーでは判断力が大事と言われていますけど、本質はさらに深い気がします。プレーをしている時、判断しているようではもはや、遅い。サッカーとは“感じる”競技だと僕は思っています」
 今度は小林から提示されたテーマ。サッカーは、感じるもの――。その意味を聞いていくと、子どもたちが目指す一流選手に隠されているものが見えてきた。

text by 西川結城(Yuki Nishikawa) 大学在学中より横浜FCの専属ライターとして活動を開始。2007年よりサッカー専門新聞『EL GOLAZO』の記者として数多くのJリーグチームと日本代表を担当。海外クラブで活躍する本田圭佑や吉田麻也も若い時代から取材。現在はサッカー、スポーツ誌各媒体にも寄稿している。