「サッカーとは、“感じる”競技だと僕は思っています」

 前回のコラムの最後に紹介した、小林祐希のこの一言。
日本の教育はジェネラリスト※1を多く輩出する傾向があるが、一方サッカーの世界では激しい競争や勝敗という現実を生き抜くために、他人とは違う一面=スペシャリスト※2が強さを発揮しやすいという話から、この言葉が飛び出してきた。

「僕らは時間をかけて考えることができる仕事ではない。その意味で、何でもそつなくできる人間よりも、特化した能力が必要になってくる。例えばデスクワークでパソコンをしている時、勉強をしている時みたいに、じっくり考えて何かを導き出す作業とは違う。0.1秒で状況が変わっていくスポーツがサッカー。だから一瞬、一瞬で、プレーを決めていかないといけない」

 サッカーにおいて、プレーの状況判断の重要性は、子どもから大人まで広く知られている。しかし、この『判断』というところについて、小林は独特の持論を展開した。

「サッカーは、極論を言えば判断しているようでは遅いんです。判断している選手は三流、決断してプレーできる選手は二流、何も考えずに結果を出す選手が一流。体が勝手に動いている人が一流です。二流はプロの中にいっぱいいると思いますよ。でも考えて、考えてやっと答えが出る人、一方でパンっと直感で決められる人、さらには決めるのではなく正解に向けて何をすべきかがわかっている人。これはもう、結果が全然違ってくると思います。仕事のスピードも効率も変わってくる。逆に状況判断とは、よく選択肢の中から選ぶような感覚だと考えられていますよね。でも選択肢がたくさんある人ほど、決めきれない。優柔不断になりがち。例えば、僕は買い物に行った時に、買おうかどうか迷うことがない。いる、いらない、すぐに答えを出します。もちろん、中にはじっくり時間をかけて作り上げることが大切な物事だってあります。ただ、一瞬、一瞬で状況が変化していくサッカーというスポーツにおいては、実は判断している時間はない。そうしている内に、敵にボールを奪われ、チームでも他の選手に取って代わられてしまうと思っています」

|後悔しない。後ろを向かない。
ミスを次なる成功につなげるための思考

 大人が聞いても、理解するには少し時間がかかる感覚かもしれない。いやむしろ、トッププロの舞台に立つ小林だからこそ、つかめた感覚とも言える。
 ましてや、子どもの頃からこれが理解でき、実践までできれば、それはプロサッカー選手になるべくして存在しているのだろう。
 ただ、決して現実離れした考え方ではないことも、この後明かされていった。実は、選手にとってはある意識付けをするだけで、少しでも「判断する」状態から「決断する」へ、そして「感じる」に成長していけるヒントをつかめるという。
 それは行ったプレー、一つ一つに対してマイナスに捉えない。つまり、自分に後悔しないことを子どもの頃から癖つけることである。

「トップレベルの選手になると、局面でプレーを決断すらしていない。自然にそのプレーをするだけなんですよ。もしくは、自分がプレーをあらかじめ決めていたとしても、最後のところでやめられるんです。買い物の例えが続きますが、何を買うか直感で決められる人は、きっと家に持って帰ったら買った服に穴があいていたなんてこともない。逆に、『これ、何か穴があいてそだからやめよう』と、直前でわかる人。それがトップオブトップです。なかなか、理屈で説明するには難しいですよね(笑)「感じること」が大切だと言っているわけですから。
でも、子どもたちにも一つわかりやすく行動を説明すると、自分がしたプレーには後悔しないようにしたほうがいい。パスミスをしたのであれば、『パスしなければ良かった』と悔やむのではない。『どうすれば、今のパスを通すことができたのだろうか』とか『どうすれば前に運べただろうか』とか、できなかったことを次にできるようにするための意識が大事です。だから試合中は、いろいろ考えすぎないでプレーしたほうがいい。もちろんチームの中には戦術があって、自分の役割も頭の片隅には置くべきだけど、でも実際にプレーしているのは自分自身。僕がこれを意識でき始めたのは、ここ数年の話。でも子供の頃とか、もっと若い頃に意識できていれば、また進む世界は違ったのかもしれないと思う。こんなこと、何回も失敗しますよ。でもそうした意識の連続が、判断や決断と言った感覚のさらに上を行く、自然とプレーしていく感覚に変わっていけると思います」

 シンプルに言えば、プレーの局面でトライすること、チャレンジすることを恐れる必要はないとも言いかえられる。これは幼少期から呪文のように言われる文言だろう。
 パスを出す、ドリブルを仕掛ける、シュートを狙う。失敗しても後ろ向きになることなく、それを成功させるための前向きな意識が何より大切になる。その積み重ねが子どもから少年、大人へと続く過程でプレーの血肉となり、自然と流れるように局面を打開していくプレーヤーへの道を、作っていく。
 小林が語る、「サッカーとは、感じるようにプレーするもの」。それは、自分のプレーに対する自信の積み重ねこそが、導くものである。

  • ※1 分野を限定しない広範囲な知識・技術・経験を持つ人
  • ※2 特定分野に深い知識や優れた技術をもった人。専門家。

text by 西川結城(Yuki Nishikawa) 大学在学中より横浜FCの専属ライターとして活動を開始。2007年よりサッカー専門新聞『EL GOLAZO』の記者として数多くのJリーグチームと日本代表を担当。海外クラブで活躍する本田圭佑や吉田麻也も若い時代から取材。現在はサッカー、スポーツ誌各媒体にも寄稿している。