SSP SAMMY SOCCER PROJECT

  • TOPTOP
  • 3D2Y to 2020 KISEKI3D2Y to 2020 KISEKI
  • SAMMY FIELD PROGRAMSAMMY FIELD PROGRAM
  • YOUNG ATHLETE MANAGEMENTYOUNG ATHLETE MANAGEMENT
  • MOVIEMOVIE
  • STATEMENTSTATEMENT
  • ABOUTABOUT
CLOSE
menu

3D2Y to 2020 KISEKI

北中FCで強くなる! 大阪府 小学4年生 村上玲汰くん北中FCで強くなる! 大阪府 小学4年生 村上玲汰くん

諦めずに、奇跡を起こせ!!!諦めずに、奇跡を起こせ!!!

MOVIE

約1年間に渡る練習の成果を発揮する大会を翌日に控え、村上くんと北中FCのスペシャルコーチを務めた鈴木隆行さんが、北中小学校を訪れました。大会では監督としてチームを率いる鈴木コーチ。紅白戦を中心とした練習では、点を取るための効果的な攻めかたや相手をフリーにしない守りかたなど、時に試合を止めながら、分かりやすく解説します。
鈴木コーチは、「明日の試合では、何点取られても下を向かないこと。全員で励まし合って戦い抜こう!」と話し、前日練習を終えました。

大会当日は梅雨の晴れ間となり、少し蒸し暑く感じるものの、どのチームも力を発揮できるコンディション。「JRCS SOLTILO CUP」には9チームが参加し、まず、3チームずつに分かれてリーグ戦が行われます。試合会場に到着した北中FCの子ども達は、他のチームと一緒に会場設営を手伝います。

設営後、ウォーミングアップを終えると、間もなく試合開始です。村上くんもミッドフィルダーとして、スタメン出場。久しぶりの公式試合ということもあり、緊張した雰囲気のチームに、鈴木コーチが「点取りいくぞ!」と檄を飛ばし、ピッチに送り出しました。
試合序盤、動きが固い北中FCは、なかなかリズムをつかむことができません。相手チームに攻め込まれる場面が続き、村上くんも守備のサポートに走り回ります。ディフェンス陣が奮闘するも、2点を奪われ、前半終了。
ベンチに戻ってきたメンバーに、鈴木コーチは「たった2点差だ!絶対逆転できるぞ!!」と声をかけます。村上くんは次戦に備えて、途中交代。後半はベンチから懸命に声を出しますが、チームは最後まで得点を奪うことができず、0-2で敗れました。

無得点の結果を受け、鈴木コーチは、攻撃的な布陣で次戦に臨むことを決断。子ども達の意見も取り入れながら、ポジションやフォーメーションを変更します。初戦の反省を生かし、開始直後から積極的にボールを前に運ぶ北中FCに、早くもその時が訪れます。フリーの味方へ見事なパスが通り、ドリブルから流れるようにシュート。ボールは見事にゴールネットを揺らし、先制します。その後もゴールを重ね、前半だけでなんと3得点。後半に入り、相手チームの反撃を受けるも、村上くんが必死のディフェンス。ボールを奪うとゴールに向かってダッシュ。そのまま攻撃にも参加し、チームに貢献します。最後までなんとかしのぎ切った北中FCが、3-2で勝利。笑顔で戻ってくる子ども達を「ナイスゲーム!」と、鈴木コーチが迎えます。

リーグ戦を1勝1敗で終えた北中FCは、各グループの2位が集まるトーナメントに進出。得失点差からシードとなり、次がいよいよラストゲームです。
試合前に「前回の良かったところを続けよう、勝って終わるぞ!」と子ども達を鼓舞する鈴木コーチ。しかし、試合が始まると体の大きい相手チームに翻弄され、思うようなプレーをさせてもらえません。相手選手はスピードも速く、失点が続きます。鈴木コーチやベンチから「諦めるな!1点ずつ取り返そう!!」と大きな声が飛び、村上くんやチームメイトは必死のプレーをみせます。チームは勝つことが出来ませんでしたが、鈴木コーチとの約束通り、最後まで下を向くことなく、諦めずにボールを追いかけ続けました。

悔しがる子ども達に、鈴木コーチは「勝たせてあげられず、とても悔しい。注意しても、みんなが前向きに練習に取り組んでくれたことが、嬉しかった。良い結果は出なかったけど、挫けず、次の試合に向けて頑張っていくことが重要。次に会う時には、もっと成長した姿を見せて欲しい」と語りかけます。
閉会式後、子ども達からこれまでの感謝を伝える寄せ書きを手渡され、少し照れ臭そうに受け取る鈴木コーチ。これまでの練習の思い出を振り返りながら、子ども達と冗談を言い合う姿が印象的でした。

「鈴木コーチの『苦しい時でも諦めずにやらないと奇跡は起きない』という言葉が心に残った。教えてもらった『基本を大切にすること』を忘れずに、練習を続けたい」と語る村上くん。
村上くんのお父さんも「内面が変わってきて、何事にもチャレンジ出来る様になってきた」と話し、子どもの成長を感じていました。
「蹴球王」への道のりは長く険しいですが、プロジェクトを通して、その第1歩を確実に踏み出した村上くん。今後の活躍に期待が高まります。

スペシャルコーチプロフィール
  • 鈴木隆行コーチ

    鹿島アントラーズ、CFZ(ブラジル)、ゲンク(ベルギー)、ゾルダー(ベルギー)、などに所属し、世界を股にかけて活躍した元日本代表FW。
    震災をきっかけに「出身地である茨城県の力になりたい」との思いを強くし、水戸ホーリーホックに移籍。
    その後、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍し、2015年末、現役を引退。現在はサッカー解説や講演、サッカー教室での指導に力を入れている。

レギュラーコーチプロフィール
  • 太田亮コーチ

    現役時代は盛岡などでプレー。
    引退後は盛岡のトップチーム〜U12まで全カテゴリーの指導を行なった。
    現在は本田圭佑プロデュースのSOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOLにて日本国内のサッカースクール、クラブチームの責任者。
    日本サッカー協会A級U12ライセンス

  • 小林悟コーチ

    現役時代は大宮、鳥栖、新潟などでプレー。
    引退後は指導者として活動。
    現在は本田圭佑プロデュースのSOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOLにて関西エリアの責任者として指導を行なっている。